Type your search keyword, and press enter

パソコンが今すぐにでも必要なのでその購入代を借りました

私が学生時代に通っていた学校では、単位や授業日程などはすべてパソコンで学校の公式HPから確認するようになっていたのですが、そのパソコンがある日突然調子が悪くなってまったく動かなくなってしまい、心底困ったことがあります。

学校関連のことだけでなく、パソコンを使って当時から小説を書いたりクラウドサービスを行っていたりとしたため、一日でも使えないとなると非常に困ります。
そこですぐに近所のパソコンショップへ修理に持ち込みました。ところが修理費用が二万円以上かかり、おまけに一週間ほど時間がかかると言われてしまいました。

そしてもちろん一週間も待てるはずがなく、その日に新しいパソコンを購入することに決めたのです。ですが持っていたお金はわずかで、自分のお金だけではパソコンの購入代にはとてもじゃないけど足りませんでした。

そこでどこかで借りようと思い、すぐ頭に思い浮かんだのが大手消費者金融での即日融資です。ただ当時は学生でアルバイトもしていなかったため決まった収入がなく、パソコンでお小遣い程度は稼いでいたもののそれを証明できるものもありませんでした。

なので母に相談してパソコン代の足りない分を今すぐお金を借りることにしたのでした。ただ母もいきなりではそう余裕があるわけではなかったので、いろいろ考えた末に結局は母と兄から少しずつお金を借りて、それに自分の持っていたお金を足して何とかその翌日にはパソコンを購入することができたのでした。

請求書の支払いを滞納した時に、ノンバンクでお金を借りました。

私は毎月定期購入をしていた化粧品とサプリメントの支払いを、3ヶ月間滞納してしまったことがあります。
購入先の会社から自宅のポストに、督促状が何度も届くようになりました。
それでも全額支払うことが出来ず先延ばしにしていたら、今度は自宅まで直接集金に来ると言う内容のはがきが、ポストに投函されました。
さすがにこれには驚き、一刻も早くノンバンクの消費者金融でキャッシングをして、支払いを済ませようと思いました。

何処の消費者金融会社にしようかネットで調べた結果、プロミスにすることにしました。
プロミスは14時までに契約確認にOKが出れば、当日中に自分の預金口座に現金を振り込んでもらえるからです。

早速自宅のパソコンで、申し込みを始めました。
画面の操作案内に従って必要事項を入力したら、後は審査を待つのみです。
その時の私の年収はかなり低かったので審査が不安でしたが、約30分ほどで審査が通ったので、凄くホッとしました。
そして自分の預金口座に現金を、直ぐに振り込んでもらうことができました。
急いで銀行に行き現金を引き出し、滞納していた支払いを無事返済することが出来ました。

毎月の返済額は数千円だったので負担は軽かったですが、利子はやっぱり高かったですね。
何度返済しに行っても返済後の残高にあまり変化が無いので、溜息が出てしまいました。
なのでお金に余裕がある月は返済額を変更して、多めに返済するようにしました。

あの時は本当に、助かりました。
また急きょまとまったお金が必要になったら、ノンバンクの融資にお世話になろうと思います。

上司に対する嫌気がマックスになってしまった時

毎月計画的に貯金すれば、自ずとお金は貯まっていくもの。
そうは分かっていても、今すぐにでもお金が欲しい時ってありますよね。
今の私がまさにそれです。

私は飲食業界で働いています。
長時間労働とか、休めないとかいろいろブラックだと言われていますが、私は飲食業界が好きなので、それでも我慢して毎日働いています。

しかしどんな長時間労働よりも、どんなクレーマーよりも厄介なのが気の合わない上司です。

自分は対して動かないくせに、重箱の隅をつつくようにこちらのあら捜しを毎日されると、宝くじでもあたって、早く大金を貯めて独立できないかなぁと思ってしまいます。

私は臆病者なので、なるべく借金をしないで済むように、開業資金が十分に貯まるまで今の職場で頑張ろうと思っていたのですが、最近はローンを組んででも早く独立したいと考えるようになりました。

テナント料に什器に、仕入れに光熱費にと、あげればキリがないほどお金がかかってしまうものです。

今までは宝くじなんてお金の無駄と考えていたのですが、最近はロト6を毎週買うようにしています。

こうなったら藁にすがってでもお金が欲しい。
とにかくまとまったお金を手に入れないと、自分のやりたいことは何一つできないのに、そのまとまったお金を作るのが一番難しいんですよね。

せめて上司がもう少し性格がいい人だったら、こんなに焦らないでもいいのですが…。

本当はあと5年かけて1000万貯めようと思っていたのですが、もうそんなに待っていられません。
このまま5年間働いたら精神を壊してしまいそうなんですもの!

ラスベガスにでも行って、一攫千金でも狙おうかな~が最近の口癖になってしまいました。

体が弱く医療費が足りなくて、しかたなく親に借りてしまいます

私は若いころからいわゆる病気のデパートのような人間です。

幸い、やさしい夫の理解で結婚することはできましたが、もちろん子どもは産めず、それどころか毎月何らかの病気で寝込む始末です。

風邪ひとつとっても簡単に治るというわけではなく、高熱が5日以上続き、5日目ぐらいには耐え切れなくなって、病院で抗生剤の点滴を打ってもらい、ようやく楽になるという状態です。

そして、昨年春からまたいろいろな病気が続いて、医療費がどんどんかさみ、夫の安い給料ではおいつかなくなってきました。夏あたりからは原因不明の腹痛や頭痛の症状が出て、さまざまな検査を受けたのですが、原因がわかりません。そして、ついに検査入院まですることになりました。検査費も高いし、もちろん入院代もかかります。私は生きているだけでお金を使う人間なのだと思い、情けなくなります。

こういうときはしかたなく親に頼らざるを得ません。私の親はもう年金生活なのでとてもお金が十分にあるとはいえないのですが、どうにもならないので、頭を下げて貸してもらっています。でも返せるあてもありません。

生活費が足りない時。生活が行き詰まってしまう時。

バツイチ子持ちで自分の母も養っています。
一人暮らしをしていた頃は、自分さえ生きていければよかったので、かなり無責任で自由な生き方をしていました。
でも一度は結婚し、家庭を持ち、子供が生まれたとき、初めて家族の生活を支えなければならないという使命感が生まれ、決してお金で家族を困らせてはいけないと強く思うようになりました。

何かが欲しい時や贅沢な外食をしたい時、昔の私なら後先考えずに好きなようにしたでしょう。
でも今は一度冷静に考え、その先に金欠にならないかお財布と相談してから決めています。(大抵は実行できませんが)

自分の欲の為でなく、大切な家族との生活が立ち行かなくなることの無いように、生活費がどうしても足りない時にはお金を借りたいと思います。
でも、普段の生活で工面できないほど貯金が底をついた事は未だかつてありません。

お金があればな~とは思いますが、お金を借りるという考えは一旦凍結して、いつも他の方法を考えてきました。
今もとてもお金が欲しいですが、借りるのではなく、もう一つ仕事をして稼ぎ出そうと思っています。

お金にまつわるお金!

借金、世の中ではいろんな借金の名目があります。

教育費や生活に関する借金、娯楽に対する借金等、全部ひっくるめると、どれもこれも内容こそ違いますが結局、借金と言う事になります。

個人的には、なるべくならどこぞから借金をするという事はなるべくしたくはありませんが、世の中借金しなければ運ばないという回りになっているのも事実じゃないかなとも感じてます。

少し話は違いますが、同じ借金でも自身の娯楽と言うのでしょうか、そのような物に対しての身勝手な借金に対しては、てんで論外な事だと思っています。

その娯楽借金以外の借金については、今の世の中ある程度、どこの家庭でも借金を抱えているのが現実だと感じています。

借金をしないと、家の購入もできませんし、子供の大学受験の費用なんかとてつもない金額がかかりますし、ある意味しょうがないと感じています。

大きな場所でいうと、お国関係だって、企業だってみんな借金をしながらその資金を運用し事を運んでいるわけなんですよね、結局の所。

世の中、ある程度の借金をしなければ、とにもかくにも回らないという事なのでしょうか。

借金に関して大まかに意見をいえばこんな感じですが、庶民的な意見としては、借金をするにも計画的に尚且つ、身の丈にあった借金の仕方を考えないと、お金に逆襲を受けかねません。

ちなみに、普段働いて得たお給料を貯金していき、何年後家には借金をしなくてもマイホームを手にと言うような金額に家の値段がなるといいなと思っています。車などもそうです。

本音としては、人が生活していくのに必要なお金は借金したくないというのが本心ではあります。

お金を借りるというのは

お金を借りるというのはお金に困ってしまった時の最終の手段だと思います。

人に借りる、会社に借りると様々ですが、借りてしまった以上は返さないといけません。

借りたお金は自分のお金と考える人もいますが、そういった考えでは返済する時に大変になってしまいます。

借りた以上は返すという気持ちを常に持っていなければいけないと思います。

お金を借りることによってメリットはたくさんありますが、逆にデメリットも出てきます。

そういったデメリットも含めてお金を借りるということを考えなければいけないと思います。

お金を借りることにつきまして私が思うこと

私は現在29歳の男です。今まで何度かお金を借りたことはありますので、私の思うことを記載させていただきます。

どうしてもお金が足りなくなる事は人生において少なからずあると思います。お金を借りること自体は良い事とも悪い事とも思いません。私の場合は、ギャンブル(パチスロ)が原因でお金を借りたので、あまり誇らしい気持ちにはなりませんでした。その時は、友人・親・銀行からお金を借りました。

友人・親は金利を取らずに貸してくれましたが、銀行の場合だと少額でも金利が取られますので、少額の場合は友人や親から借りるのが良いと思いますが、お金を貸して良い気分になる人はいないと思うし、お金を借りる事で、自分が誇らしい気持ちになる事はないと思うので、極力借りずに乗り切る方が良いと改めて感じます。

事業なんかを始めたい時にどうしてもお金が必要で、友人や銀行からお金を借りて事業を始めて成功している人は本当にすごいと思います。人それぞれ考え方は違うと思いますので、借金を背負って頑張れる人はそのやり方でやっていけば良いと思いますし、借金を背負って不安になったり嫌な気分になるのなら、借金をしなくて良いやり方を考えていけば楽しく過ごせるのではと思います。